太田川駅立体横断施設
転落防止柵/手すり
愛知県
CPLPAP
太田川駅立体横断施設

 

◇施工場所:愛知県東海市大田町後田

◇施工年月:2016年3月

◇施主:東海市(中心街整備事務所)

画像2画像4

横長

東海市では太田川駅周辺の再整備の一環として駅西側の整備が行われ、太田川駅から近隣の大学キャンパスまでの歩行者動線として立体横断施設の整備が行われた。高欄は支柱、ガラスフレームをスチール材の溶融亜鉛めっき仕上げとし、ガラス(強化合せガラス)、再生木材との組み合わせでモダンな広場空間にふさわしいしつらえとなった。笠木にはLED照明が付き夜間でも十分に明るさを確保している。